クラブ活動の紹介    事務局長 青木 洋一(65期)

会員相互の親睦と健康を願って、当会では様々なクラブが存在しており、毎年楽しく懇親をしております。本校の卒業生とそのご家族を参加の対象として活動しております。皆さまもどうぞ一度参加されてみてはいかがでしょうか? お待ちしております。


1 第16回 歩こう会 〜再び石狩の河口を目指して 7月7日(土)開催(平成31年1月6日更新)

 目的地: 石狩灯台から河口に向かって探索
 集合場所: 北大通りNHK前停車場
 参加費用: 大人2000円(温泉入浴費含む)  中学生以下1000円(予定)

 報告:(65期 青木 洋一)

 16回目を一江多この会ですが、昨年は石狩川を可能に向かうコースを再び選んで7月7日(土)に実施いたしました。曇り空のはっきりしない天気ではありましたが、竹尾会長ご夫妻以下10名の参加で、石狩浜の番屋の湯を午前10時に出発して、一路河口目指して歩き始めました。

 この付近一帯は古くから開けており、道のあちらこちらに、俳句をしたためた木片の碑があったり、神社やお寺も複数存在しており、その都度足を止めて「この字は何という漢字だろう」「この俳句の意味はなんだろう」などと日頃の好奇心がムクムク燃え上がり、なかなか前に進みませんでした。それでも石狩灯台のあるマウニの丘を過ぎるあたりから、遊歩道をひたすら河口に向けて足を運びました。

 昼食の関係もあって、今年もまた河口までは到達できませんでしたが、参加した皆さまと談笑しながら楽しく歩くことが出来ました。

 今年こそは、種々の困難を克服して河口までたどり着きたいと一同誓い合った一日でした。


2 潮おどり終わったの会 〜潮踊りメモリー 8月18日(土)開催(平成31年1月6日更新)

潮踊り!踊り終わったの会案内

札幌潮陵クラブ 事務局 青木 洋一

今年も、北海道の短い夏がやってきました。過去30年余にわたり小樽のうしお祭りの踊りに参加をしてきましたが、潮まつり50回目に参加したのを最後に参加を見送っております。

しかしながら参加の皆さまからは、何らかの形で残してほしい、との声を受けて昨年同様札幌ビューホテル大通公園にて昼食会を開催いたします。
美味しい料理をいただきながら親睦を深めたいと存じますので、皆さまの多数のご参加をお待ちしております。

日時:8月18日(土)12時から14時
場所:札幌ビューホテル大通公園 4F 桂の間
会費:5,000円
ご参加の有無を、メール・電話等で8月15日(日)までにお寄せください

以上

  【青木 洋一連絡先】
 1 メール: yno1047@docomo.ne.jp(スマホ)、aoki@kyowa-sogo.com(パソコン)
 2 電 話: 090-7517-5197

報告:(65期 青木 洋一)

 7月の最終の金曜日から3日間行われるおたる潮祭り!

 うしお踊りに札幌から参加する事33回。発案者の宮坂茂男(42期)ご夫妻と当時小樽市の助役でいらした平野大(47期)、さんをはじめ13名の踊り好き・お話好き・昼間からわいわい飲むのが好き、な皆さんが集まって札幌ビューホテル大通公園の美味しい料理を肴に、あの時のあんなことやこんなこと、雨に降られて大変な思いをしたことなど、思い出話は尽きることなく延々と続きました。久しぶりにお腹を抱えて笑い転げました。

 題名にあるように札幌潮陵クラブの歴史の中で、貴重な体験をしたこの会をもう少し先まで思い出としてとっておきたいと、参加した方々や、打ち上げに参加した方等が集まって会食会という形で存続しております。今年も引き続き継続していきたいと思いますので、依然踊りに参加したことのない方でも大いに歓迎いたしますので。わが街小樽を語るひと時として、どうぞご参加くださいませ。

 昨年は8月18日の土曜日に開催いたしました。今年は7月か8月を予定しております。


3 第24回ゴルフコンペ 〜優勝は誰の手に? 9月2日開催(平成31年1月6日更新)

開催日時: 9月2日(日)

集合場所: 小樽カントリー倶楽部・旧コース

開催内容: 18ホールズ・ストロークプレー、ダブルペリア

参加会費: 2,500円 食事付き プレーフィ(約8000円)各自負担

報告:(68期 保坂 政雄)

 第24回ゴルフ会は30年9月2日(日)開催。場所はクラブハウスが改築された小樽カントリー倶楽部・旧コース。3組10名の参加です。今年も晴天に恵まれました。

 52期竹尾昌巳会長のご挨拶と64期大石一良会計監事が連覇を宣言してスタート。ここは9ホールを2回周ります。ダブルぺリア方式で戦い「隠しホール」をうまく叩いた方が優勝のチャンス到来。また今年もドラコン賞はやめ、9番ホールと18番ホールでグリーンに乗るまで何打でもチャレンジOKの「何打でもニアピン賞」を新設しました。

 今回の優勝は誰の手に?2連覇宣言の大石先輩と思いきや、52期佐藤清夫先輩が見事栄冠を獲得いたしました。ベストグロス賞は(41・42)の83で大石先輩。新設の「何打でもニアピン賞」はグリーン周りのチャレンジでハラハラドキドキ気分が最高です。老いも若きも好天の中プレイを楽しみました。プレイの後は「ジンギスカン鍋」、うまいんだな~これが。

 第25回は9月1日の第1日曜日を予定しています。体力に自信のある方、初めての方も大歓迎です。

 たくさんのご参加をお待ちしております。お問い合わせは事務局まで。


4 小樽ミニミニツアー 〜小樽芸術村を訪ねて 9月15日開催(平成31年1月6日更新)

ミニミニ小樽ツアーご案内

 

事務局 青木 洋一

毎年恒例になりました、小樽ツアーは今年3回目になります。今年は小樽芸術村を訪ねて、期間限定の『浮世絵展』を含めて4会場を見学する企画を立てました。

少しハードな行程になりますが、現地で融通をきかせていきたいと思います。ご家族・ご友人をお誘いあわせの上奮ってご参加いただきますようご案内いたします。


1 日  時:9月15日(土)
2 集合場所:札幌駅北口方面の鐘の広場前
3 集合時間:9時
4 会  費:実費(約5,000円)
5 訪問場所:小樽芸術村
(似鳥美術館・ステンドグラス美術館・旧三井銀行小樽支店・浮世絵展) 
6 行程概要:
1  9:00 札幌駅集合
2  9:26 札幌発小樽行きのJR乗車
3 10:25 旧三井銀行小樽支店にて一括入場料支払い
4 10:30 ガイドさんからの説明 → 見学開始
5 12:30 昼食休憩   候補  魚真・ふじ鮨小樽店・函太郎小樽店
6 14:00 見学再開
7 16:00 見学終了・・・買い物(休憩)
8 17:00 帰路
あくまでも概要です。変更は大いにあります。ご意見・ご希望をお聞き
します。

 

報告:(65期 青木 洋一)

 昨年は小樽芸術村と、スウェーデン芸術祭IN小樽2018を訪ねました。

 ご承知のように小樽芸術村は似鳥美術館・ステンドグラス美術館・旧三井銀行小樽支店の3つの建物を利用して展開されていますが、当日は加えて浮世絵展も開催されていることから、9月15日の土曜日に実施いたしました。学芸員の方の説明を受けて浮世絵展から見学を開始いたしました。

 次の似鳥美術館ではティファニーによる贅沢なステンドグラスのコレクションに出会うことが出来て、常設のステンドグラス館とは作成の方法が違う作品に出会うことが出来て、参加者はじっと見入っておりました。じっくり観るなら1日あっても足りないくらいのボリュームと内容に満足しました。似鳥美術館では東山魁夷の作品に出会うことが出来ました。

 お腹のすく時間となり、昼食は地元の方にも人気の「魚(うお)真(まさ)」でお寿司を堪能しました。ゆっくり休憩を取った後は、再び芸術村に足を運び、特別イベントの木管四重奏を聴くことが出来ました。余韻に浸りながら次の会場である市立小樽美術館で開催中のスウェーデン芸術祭を観ました。スウェーデンと日本が外交を樹立してから150年ということでスウェーデンの現代アートに触れることが出来ました。同館の常設である中村善策展も鑑賞し、小樽の芸術にたっぷり浸ることが出来ました。

 さて今年はどんな小樽を発見しようかと今から、あれこれ思い出をめぐらせております。会員の皆様のリクエストやご要望を取り入れたいと思いますので、事務局までご連絡をお願いいたします。そして、みんなで楽しいひと時を小樽で過ごしたいと思います。