札幌潮陵クラブ創立時、以降を振り返って 前副会長 岩木雅嗣(51期)

 昭和50年富士屋ホテルに30余名の同級生が集まり札幌に小樽の本部と独立した同窓会を作ろうという話がありました。大谷先輩・53期の中嶋・田 村さんが中心になり準備のため集会を51年東急ホテルで開催したところ、50余名集まりました。最終準備の3回目はすみれホテルで70余名でした。第1回 総会を51期でやってほしいと頼まれたので、私が代表幹事となり、同期の仲間と会則の原案を作り52年2月アカシアホテルで、240名集める事が出来まし た。これも札幌潮陵クラブが縦のつながりの仲立の役割を果たし樽中潮陵魂を先輩から後輩へと受け継ぐ場として必要なのです。

 

 初代会長は19期の札幌医大・高山担三教授でした。各期幹事の協力により、幸先の良いスタートになりました。今日までの最高参加者は第10回「(昭和61年)の380名で、会場に入りきれずロビーをも使用し、嬉しい反面大変だったことを憶えています。

 

 副会長になって間もなくの頃、初代高山会長が退任することになり、大谷副会長に頼まれ二人で河邨教授とパークホテルで会い次期会長をお願いしたところ、少し考えさせてほしいとの事でしたが、後日了解されこちらの意も汲んでいただき、早く決まり大変良かったと思いました。

 

  長い間副会長をやっていて重い責任を感じたのは創立90周年の寄付集めの責任者に指名された時で、小樽の村山会長(スハラ食品社長)はじめ80周年の時の 募金資料を持って来てくれた河辺石油の社長からも直接頼まれましたので、募金事務局を岩木㈱内に置き各期の幹事から案内状の送り先を提出してもらい名簿作 成しました。事務局に毛筆の達者なものがおりましたので、封筒の宛名を書かせて出しました。役員・幹事の協力により法人目標200万円を達成し責任を果た してホッとしました。

 

 100周年の時には和光の田中副会長(当時)にお願いしたところ快く引き受けていただき、河邨元会長宮坂会長(当時)はじめ役員の方々の協力と歴代事務局がしっかりしていて、幹事の皆さんも頑張ってくれたおかげと感謝しております。

 

 同志と共に誇りを持って母校を愛してきたことが人生の1ページに残せる事が出来れば、いいかなと思っております。

​札幌潮陵クラブ設立時を省みて 川上豊(53期)

札幌潮陵クラブ第40回の案内が送付されてきて、あれから40年もたったのかと改めて自分の年齢がいかに後期高齢者に到達しその真っ只中にいることを実感し 当クラブの設立当時を思い出し懐かしく思っている此の頃です。
(以下の文章は2014年当時に書かれたものです)
1975年の初夏の頃職場に電話があり「私は小樽潮陵33期の大谷鉄弥といいます。わたしの 同期の者と一度会って一杯やりたい」ということですので元来酒好き、二つ返事でOKしました。そしてまもなく指定された店で中島君とその趣旨を聞きました。大谷先輩曰く『先般小樽で潮陵クラブ総会があり宴席やその後の席で本州各地や北海道でも各地に潮陵クラブが設立されてきたが札幌にはない話もないようだ。との話題で持ちきりだった』とのことでした。その後何度か同期の連中(33期)と飲んでる席に地崎宇三郎代議士が同席することがあり、話を進めるには後輩の期を選んでその期を軸に進めるのが良いのではないかと話が進み、早速潮陵クラブの名簿を持ち寄りその期の選定に入った。5年後輩では近すぎる、10年後輩ではどうか? 15年では? と議論するうちに年齢的にも20年後輩なら35〜・6歳ごろで丁度良いのではないかとなり、区切りのいいところで20年後輩の53期となったところに、地崎先輩が「俺が非常勤社外取締役をやっている建設省所管の会社に勤めている川上と言うのが53期にいるから大谷君と白崎君とで使者としていって話が何とか前にすすめように骨を折ってくれ」といわれお呼びたてした旨のお話が両先輩からあり熟慮の結果改めてご返事しますと答えたが、それからが激動の毎日でした。早速同期の故中嶋輝男君・上埜晴司君等と相談し、特に中嶋君は商売がお茶の販売と言う事もあり粉骨砕身まったく頭が下がるほど熱心に走り回り、何とか 来年には滑り込めるとの感触を得て白崎大谷両先輩に経過を報告し、53期が何とか重責を担う旨を伝え本格的に動き始めました。同期の中島君を頭に織田君田村 君等手分けして日に日に先輩後輩に食い込みあらゆる手を使い秋の気配の頃には形がボヤーっとみえてきました。
その頃地崎、白崎、大谷の3先輩より誘われ同期の者数人と一杯やる機会があり慰労されましたその席で旗揚げの時、会長がいなければ形にならないと言う声が誰と言うこともなく自然に地崎さんにお願いしようとの声 が出た途端に地崎先輩が発言を求め「俺は母校を卒業したことを誇りに思っている。ものすごく愛着もあるその母校を足場にして政治活動をすることなどただの一 度も考えたことなどない、我も我もではなくて会員の総意で決めるべきだ」と明確に辞退されました。
年が明けた1976年1月23日50数名が参加して道庁別館の裏にあったすみれホテルで札幌潮陵クラブ創設の会が開催され、この会を第一回として一年先まで十分な時間があるからもっともっと盛り上がったクラブにな るように参加者全員で誓いあったものでした。全員の胸の内は我々が真剣に動けばこんなもんじゃない。この次はこの10倍いやそれ以上にして見せると、潮陵健児の血が騒いだ瞬間でした。そして翌年の1977年2月18日ホテルアカシヤでの総会には数百人の参加を頂き我が53期も会場の一角の10テーブルを占め 100人を超える大集団となり異彩を放ちました。その夜二次会に移動する道すがら中島君と今日の大成功の話をした時、彼の目が潤んでいました。精一杯やり遂げ た潮陵男のすがすがしい顔でした。その時僕はこのクラブはますます発展することを確信しました。
そして38回目を迎えた現在、宮坂会長夫妻を含めすばらしい先輩 に恵まれ、又当クラブの事務局と言う非常に煩雑な仕事を長年に亙り黙々とこなしてくれている65期青木君、今のクラブに何かと助言してくれており、53期が入 学した時の応援団長であった岩木先輩等々列挙した諸兄が愛して止まない札幌潮陵クラブは揺ぎ無く永遠です。


ご挨拶

札幌潮陵クラブ「ホームページ」開設にあたって 副会長 木村一郎

やっと、こういう「技」の出来る会員が理事会に入って頂いたことに、感慨深いものを感じます。世の中では当たり前の事でしょうが(ホームページは)、「そ れでは私がやりましょう!」と引き受けてくれる、人財が現れませんでした。私も今年で古稀を迎え、口だけは達者になりましたが、PCはワード、エクセルを 少しするだけで、ホームページの立ち上げ方などはさっぱり出来ません。これも、毎年の当番期の若い人を理事会に残ってもらうという事務局の地道な努力が 実って来たものと思います。
これを機会に、PCやスマホで検索した、沢山の会員が当クラブに関心を持ち、新年の総会はもとより、潮まつり、ゴルフ、ウオーキングなどのイベントに参加してくれることを願っております。

札幌潮陵クラブホームページ開設にあたって 副会長 本寛章

最近グローバル化とかグローバリゼーションといった言葉をよく見たり、聞いたりします。従来の国家・地域の垣根を越え、地球規模で情報のやりとりが行われ ることを意味します。一日24時間365日休みなくインターネットを通じ情報をやり取りできる世界に私たちは住んでいます。

このような状況の中、創立40年の札幌潮陵クラブがこの度ホームページを開設するということは遅きに失したといえるかもしれません。

今までクラブの情報は総会での席か年一回の会報「潮だより」でしか得ることができませんでした。今後はこのホームページを通じてリアルタイムに母校の情報 を知ることができます。しかしホームページは作ってからが本当の勝負。作ったまま放置しておくことこそ失敗する最大の原因なのです。

多くの同窓の皆さんがホームページにアクセスしていただくと同時に、皆さんがお持ちの最新の情報を事務局に提供してくれることがこの事業を成功させるカギなのです。

グローバル時代の思考と行動の原理が求められています。皆さんの絶大なるご協力を願ってやみません。

ホームページ開設のご挨拶 副会長 白方通隆

この度、待望のホームページが出来ました。
事務局のみなさまを始め、特に開設にご苦労された87期の小俣さんにはお礼申し上げます。
これからはクラブ活動のお知らせや、トピックスなど、様々な情報を全国どころか全世界に発信することが出来ます。
また、皆様からのお問い合わせにもなるべく早くに対応できる(事務局のみなさま、ご苦労様ですがよろしくお願いします)ようになります。
また、ホームページ自体も見応えのあるものに、徐々に内容を充実していかなくてはなりません。
そのためには会員のみなさまの情報提供が不可欠です。
多くの同窓のみなさまがこのホームページを媒介に繋がりを広めていくことが出来るようご協力をお願いします。



更新履歴

第41回総会・懇親会の様子更新 (平成29年3月26日)

新会長挨拶を更新(平成29年3月11日)

・「元気です!」「歴史・沿革・ご挨拶」「クラブ活動」ページ随時更新

・「PRコーナー元気です!」ページを新設(平成28年6月5日)

・ホームページを開設しました(平成28年1月29日)